転職を考える際に重視するべきこと

何らかの理由で具体的な転職活動をしよう、と思ったときに重視すべきだなと私自身が転職活動をしたときに感じたことを踏まえてまとめてらみたいと思います。
ポイントは3つあります。

まず第一点目は、何の理由で転職をしたいのか、よく考えてみることです。現状に不満があるとして、それはどこから来たものなのか、それが転職によってより改善する方向にいくものなのかを改めて紙に書いて整理してみます。例えば、現在の会社の給与に不満がらあるとして、それが転職すれば解消されるのか、あるいはもう少し経験や知識などをつけることによって解消されるのかの見極めが必要です。それが甘いと転職が成功しても後でこんなはずではなかったなどと後悔することになりかねません。

次に考えるのは時期です。現在ハラスメントを受けていたり、勤め先がブラック企業であって早く転職をしなければ心身に問題が起きてしまうというケースであれば別ですが、そうでない場合には、いつ頃までに転職したいのか、具体的な時期をイメージしておくことも大切です。そうでないと、ダラダラとした気持ちで活動を続けることになり、かえって精神的に自分を追い込んでしまい、結局は途中で転職活動自体をやめる、ということになりかねません。
最後に3点目は、自分が転職において譲れないポイントがどこなのかをはっきりさせておきましょう。最初の点とこの点はかなり関連性が高いと思います。例えば、新しいことをやってみたいというのが転職の理由であった場合、既存の経験をいかしつつ新しいことにチャレンジできそうな環境が自分にとっての譲れないポイントになる、という具合です。

これらのことがきちんと整理されていないまま闇雲に転職活動をしても、それが採用しようとする企業にはやはりわかってしまうものです。私自身も転職活動を始めた最初の頃は、これらがうまく整理されておらす、何のために始めたのか、途中でわからなくなってしまったことがありました。転職活動は思うよりもずっとしんどいときがありますのでそれを乗り越えるためにも最初の段階で自分の頭をクリアーにして、強い気持ちで臨むことが大事だと思います。

医師 転職 東京 神奈川 埼玉 千葉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です