冷え性を解消するために、お風呂と湯上がりのルーティーン

私は昔からとっても冷え性で、色々なことを試してきました。その中で、お風呂での過ごし方が大切だと感じましたので、ご紹介します。

とにかく、必ず湯船に浸かることです。

一見簡単そうに見えますが、仕事などで忙しいときはシャワーで済ましてしまいたくなるものです。そこをなんとか意識して行っています。

具体的には、まず化粧を落とし、身体を洗います。その後、化粧水等を付け、湯船に浸かります。お湯は40度程度でアンダーバストくらいまでお湯に浸かります。時間は20分間、途中10分経過した時点で水を飲みます。

湯船に入っている間は、マッサージをしたり、本を読んだり、携帯電話触ったり、マチマチです。また肩を出しているので、冷やさないようにタオルをかけます。

20分経ったら、浴槽から出て、頭を洗います。そして髪にトリートメントをつけ、肩にかけていたタオルを温め、髪の毛を覆い、最後に5分湯船に浸かります。

髪を流した後は、お風呂を出て、化粧水などでフェイシャルのケア。その後、身体をボディークリームを使い、マッサージをします。特に足はむくみやすいので、念入りに行います。

最後は、ストレッチを行います。この時、靴下を履いておくと湯冷めせず、温かいまま過ごすことができます。

ピューレパール かゆい