私が転職して成功したこと

私は39歳の男性です。仕事は介護福祉士と介護支援専門員の仕事をしています。前職はプログラマーでした。私は今の仕事に転職して成功したと思っています。その理由を書いていきます。◼やりたい仕事に就けて楽しく働けるようになった。私は介護業界に転職して毎日が充実して楽しく働いています。前のプログラマーの仕事は私にはあっていませんでした。プログラマーの仕事を選んだのは流行りにのって選びましたが、毎日が苦痛で仕方がなかったです。しかし介護の仕事をしてから、人助けをしたいという理由のモチベーションがありますから、毎日自発的に職場改善を考えて楽しく仕事ができています。◼転職して精神が安定した。プログラマーをやっていた時は毎日悩んでしまい精神を病んでしまいました。仕事が私にはあっていなかったからです。もちろんプログラマーの仕事にあって楽しく働いている人はたくさんいると思いますが、私にはプログラマーが苦痛でした。介護の仕事をしてからは楽しく働けるようになって、プライベートも楽しめるようになりました。仕事が順調になって精神が安定すると人生が充実しますよ。◼仕事を任せてもらえる。介護に転職してから私は自発的に楽しく働いているから周りの職員から頼りにされるようになりました。嫌々で仕事をしてますと、上司から期待されなくなって仕事を任せてもらえなくなります。また仕事を楽しくしていると、仕事を覚えるスピードも速くなります。◼転職して勉強するようになった。私は介護に転職して介護福祉士と介護支援専門員の資格を取得しました。好きで働いていると資格取得して勉強したい気持ちが沸いてきました。資格を取得しますと、客観的な評価が出来ますから、給料が上がります。◼まとめ。上記が私が転職して成功した体験談を書いていきました。好きなことで働くことが転職の成功の一番だと考えています。介護は世間ではあまり評判が良くないですが、私は世間の評価は気にならなくて楽しく働けています。

https://www.xn--u9jta018xmtsjmnj6pgzx.com/ranking.html

就職・転職で大切な事・・・。

私は、このように思います。「就職・転職」を決める時には、当たり前の事ですが、まず、「その仕事に役に立つ資格」を取るべきだと思います。

私は、もともと「スポーツインストラクター」をしていました。正社員ではなく契約社員の枠で働いていました。良く、フィットネスクラブ(スポーツクラブ)メンバー(会員様)から「『スポーツインストラクター』は、入会金や月会費が高いので給料がよいでしょう。」とよく質問されていましたが、実際はそこまで良くはなかったです。なので、私は「手に職」を付けた方がよいという考えになりました。そこで思いついたのが、「柔道整復師」でした。そのように思ったのですが、その時はもう30歳代だったので、「今から資格取るために、仕事を辞めて、アルバイトになって『柔道整復師』の学校に通うのも無理があるなぁ。」と思いました。その時に、たまたま見ていたアルバイト求人雑誌に「整体師(カイロプラクター)の資格を取った後、その治療院(カイロプラクティック院)で働ける可能性あり、自分で開業できるシステムあり」とあったので、私はこのように思いました。「ある程度は、フィットネスインストラクターになる為に、身体の勉強もしてきたし、この勉強してきたことを生かせれるのは、『整体師(カイロプラクター)』しかない。」と思いました。その治療院(カイロプラクティック院)での授業料はコース制になっており、3か月で約50万、私は9か月、通ったので単純に倍数で約150万かかりました。そのこともあったので、私は、一生懸命に勉強をしました。私はある程度、身体の仕組みの勉強をしていたので、何とかその短い9か月で、整体師(カイロプラクティック)の先生の許しが出て資格を取得できました。

資格を取得できたのは、良いのですが問題が出てきて、その整体(カイロプラクティック)をする場所がなかったのです。私は整体師(カイロプラクティック)の先生の治療院で勉強を含めて仕事をさせてもらうことに決ました。そこで、勉強をさせてもらった治療院とメインの仕事ではフィットネスクラブ(スポーツクラブ)の2つの場所を行ったり来たりしていました。15か月(1年と3か月)ぐらいの時に、フィットナスクラブがパーソナルトレーニング(個別指導)のコースを作るという方向性になりました。私は「カイロプラクティック(整体)」の資格を持っていたので、フィットネスクラブのチーフ(店長)に「リラクゼーションや痛み改善の部門」を作ってもらえるようにお願いしました。交渉はうまく行き、フィットネスクラブ(スポーツクラブ)で開業できることができました。

初めのうちは、売り上げの心配もあったので、「スポーツインストラクター」と「整体師(カイロプラクター)」のダブルワーク(掛け持ち)で働いていましたが、「整体師(カイロプラクター)」の仕事の流れが良くなってきたので、「スポーツインストラクター」の仕事を辞めて、「整体師(カイロプラクター)」の一つで仕事ができるまでになりました。
最後に、就職や転職は、「絶対に・・・。」という「強い気持ち」だと思いました。

医師 転職

転職を考える際に重視するべきこと

何らかの理由で具体的な転職活動をしよう、と思ったときに重視すべきだなと私自身が転職活動をしたときに感じたことを踏まえてまとめてらみたいと思います。
ポイントは3つあります。

まず第一点目は、何の理由で転職をしたいのか、よく考えてみることです。現状に不満があるとして、それはどこから来たものなのか、それが転職によってより改善する方向にいくものなのかを改めて紙に書いて整理してみます。例えば、現在の会社の給与に不満がらあるとして、それが転職すれば解消されるのか、あるいはもう少し経験や知識などをつけることによって解消されるのかの見極めが必要です。それが甘いと転職が成功しても後でこんなはずではなかったなどと後悔することになりかねません。

次に考えるのは時期です。現在ハラスメントを受けていたり、勤め先がブラック企業であって早く転職をしなければ心身に問題が起きてしまうというケースであれば別ですが、そうでない場合には、いつ頃までに転職したいのか、具体的な時期をイメージしておくことも大切です。そうでないと、ダラダラとした気持ちで活動を続けることになり、かえって精神的に自分を追い込んでしまい、結局は途中で転職活動自体をやめる、ということになりかねません。
最後に3点目は、自分が転職において譲れないポイントがどこなのかをはっきりさせておきましょう。最初の点とこの点はかなり関連性が高いと思います。例えば、新しいことをやってみたいというのが転職の理由であった場合、既存の経験をいかしつつ新しいことにチャレンジできそうな環境が自分にとっての譲れないポイントになる、という具合です。

これらのことがきちんと整理されていないまま闇雲に転職活動をしても、それが採用しようとする企業にはやはりわかってしまうものです。私自身も転職活動を始めた最初の頃は、これらがうまく整理されておらす、何のために始めたのか、途中でわからなくなってしまったことがありました。転職活動は思うよりもずっとしんどいときがありますのでそれを乗り越えるためにも最初の段階で自分の頭をクリアーにして、強い気持ちで臨むことが大事だと思います。

医師 転職 東京 神奈川 埼玉 千葉