空き家にしていたらいつの間にか家財道具が無くなっていた!

夫の両親が急に病をえて相次いで亡くなってしまい、空き家になってしまいました。急なことだったので生前に生活の始末をつける事もできず、家も家財道具も何もかもがそのままでした。夫と私は仕事をしているため、片付けまでできるほど長期で休みを取る事もできず、葬儀後かろうじて生ものやゴミの始末をし電気ガスを止め、とにかくその時は遠方の自宅に帰りました。また日を改めて片付けに来ればいいと思いながら。

それから約1ヶ月も経った頃、夫の携帯に実家の隣の家の方から連絡が入りました。最近掃除か何かに実家に来てはいないかと。葬儀後一度も行けていない旨を伝えると、先方も驚いたようで、先週くらいから時々ガレージに車が止まっており、空き家の片付けと掃除に来ている親戚だと名乗る男性がいるとの事でした。

その日の夜に慌てて実家に向かい確認すると、家電や食器があらかた持ち去られていました。誰もこないとタカをくくってのんびり作業したのでしょう、引き出しを荒らしたという様子でもなく、コンビニ弁当を食べた形跡すらありました。

古い家電だったので惜しいものでもなく、むしろ価値はあったのかしらと主人と首をひねりつつ、盗難にあったことに間違いはないので警察に届けました。近隣に謝罪し、しばらく警察も近所のパトロールをしてくださることになった旨を告げました。

住む予定も資産価値もないけれど、危険だけはあるのだなと痛感いたしました。

するっ茶 単品